よくある質問

端子製品関連

最大許容電流について
端⼦⾃体に許容電流の規定はありません。接続する電線の許容電流を基準に考えて頂くようお願い致します。
難燃グレードについて
当社の絶縁被覆付圧着端子 V型・BT型全般において難燃性グレードはUL-94 V-0となっております。
絶縁被覆付圧着端子 AER型・AES型、及び絶縁被覆付閉端接続子 CE型の難燃性グレードは UL-94 V-2 です。
クリンプハイト一覧表はありますか。
圧着端子を当社適合工具で圧着した際の、圧着後のクリンプハイトの基準値の一覧表はこちらからダウンロードして頂けます。
適用工具
品種毎の適合工具はカタログに記載しております。カタログをご覧下さい。カタログをご希望の⽅はこちらへお問い合わせください。
RoHS適合品とカタログにありますが、これは改正RoHS指令 2011/65/EUを意味しているのでしょうか。
カタログ表記は、現行RoHS指令 2011/65/EU (6物質)の対応状況を意味しています。
裸圧着端子 R型, RD型, Y型他全般は改正RoHS指令(10物質)に対応しております。
尚、絶縁被覆付圧着端子 V型, BT型全般におきましては、 改正RoHS指令(10物質)には対応しておりません。
適合証明書ダウンロード
改正RoHS指令(10物質)に関する適合証明書の発行については、上記のとおり製品毎に対応状況が異なるため、お客様からの依頼には個別対応させて頂いております。
認証資格について
端子関係の認証規格は、JIS, UL(c-UL),CSAがあります。
購入代理店について
全国に代理店がございます。
ご使用される地域から近い代理店をご紹介させて頂きますので、こちらのフォームよりお問い合わせ下さい。

ヒューズ製品関連

定格電圧について
ヒューズでの電圧が関係します。試験は定格遮断試験になります。FGBOの定格電圧250V。
ヒューズは250V 300A又は500Aで試験を受けており、使用出来る最大電圧は250Vとなります。
遮断電流について
ヒューズは電気用品安全法の認可を区分毎に受けており、各区分の遮断電流は下記の通りです。
AC125V 5A以下→500A
AC125C 5A超え15A以下→500A
AC125V 15A超え30A以下→300A

AC250V 5A以下→500A
AC250V 5A超え15A以下→300A
AC250V 15A超え30A以下→300A
ガラス管ヒューズについて ①電気回路で使用している場合の交換推奨時期 ②未使用時の寿命(保管寿命)
① 電気回路で使用している場合の交換推奨時期
→ 使用されている機器の特性や負荷率、環境等にもよると思われます。 当社としましては推奨交換時期等は設けていません。
② 未使用時の寿命(保管寿命)
→ 保管期限・・・製造日より2年以内
保管期限を越えた場合の処置・・・保管環境によっては、大気の酸化物、硫化物等の影響により変色等が発生したりする場合もありますので、外観検査を行い、異常がなければそのままご使用ください。開封後は、ビニール袋等に入れ密封して保管願います。
I2t特性表
品種によって異なりますので、詳しくはこちらをご覧下さい。
交流AC125V用のヒューズをDCライン(24V等)に利用することはどういった懸念点があるか教えて下さい
当社ヒューズはAC125V又はAC250V用ですが、溶断特性はAC・DCとも同じです。従いまして、DC24Vと低い電圧であれば何ら問題なくご使用頂けます。尚、二次側のDC24V程度でご使用されていますユーザー様は多々御座います。
RoHS適合品とカタログにありますが、これは改正RoHS指令 2011/65/EUを意味しているのでしょうか。
当社製品 BO、FGMBシリーズ(鉛フリー品)はRoHS適合品であり、改正RoHS指令2011/65/EU(10物質)に対応しております。
適合証明書ダウンロード
こちらのフォームよりお問い合わせ下さい。
購入代理店について
全国に代理店がございます。
ご使用される地域から近い代理店をご紹介させて頂きますので、こちらのフォームよりお問い合わせ下さい。